Japanese Style

TOP > 和のある暮らし

和=LessDesign

モダンでミニマルな建築や空間はとても清々しく、現代的な暮らしにおいて無くてはならないスタイルとして定着しています。それと同時に「和のある暮らし」も我々日本人にとっては離れ難く、年代にかかわらず心安らぐスタイルの一つです。

一見大きく異なる西洋モダニズム建築と日本の伝統的な建築ですが、構造と一体になった軽快で開放的な美しい和の空間は、モダニズム的空間と多くの共通性を見出すことができます。

純和風ではなく、現代的な生活空間の中に「和」のデザイン要素を取り込み、ハイセンスでありながら癒しのある空間を創出していきたいと考えています。

「LessDesign=装飾を排した和の精神」ととらえ、加藤一成建築設計事務所らしい「和」の空間を
ご提案いたします。

外観・たたずまい

フォルムに大きなこだわりはありませんが、合理的でシンプルなフォルムに帰着すべく、気候や風土・自然条件を考慮に入れた立面計画とします。木や塗壁など、伝統的な素材を取り入れながら、直感的に見て美しいデザインを目指します。

アプローチ・エントランス

エントランス回りは、訪ねてきたお客様がその住宅に対して第一印象を持つ場所になります。効果的に和の要素や素材を配し、落ち着いた雰囲気の中でお客様をお迎えします。素材を活かすためのライティング計画も欠かせません。

リビング・ダイニング

家族が集い、長い時間を過ごす住宅の中心であり重心。それがリビングやダイニングです。「洋風」とか「和風」と決め付ける必要はありませんが、和の要素や素材を取り入れることにより、落ち着いた大人の空間を演出します。

たたみ

「和」にとって欠かせない素材の一つ、それがたたみです。基本的にリビングと一体のスペースと考えますが、独立性を持った和室として計画する場合もあります。座ったり横になったり、家中で一番気持ちのよいスペースにしたいですね。

ディテール

直接的な暮らしのスペースでは無いものの、暮らしに彩を添える「和」のディテール。ほんの少しの仕掛けが空間の雰囲気を大きく変えます。さりげなく、遊び心を持ってデザインしたいものです。

Works Menu

  • 住宅
  • リフォーム
  • 店舗
  • 医療施設
  • オフィス
  • その他建築

県別INDEX

  • 青森
  • 岩手
  • 秋田
  • 宮城
  • 山形
  • 福島

Profile

Issei Katoh

  • デザインコンセプト・理念
  • 加藤一成プロフィール
  • 受賞歴
  • 会社概要
  • よくあるご質問Q&A
  • Photo Gallery
  • Design in Office
  • Links

採用情報

Housing Performance

  • Design
  • Performance
  • Cost

Voice

お問合せやご相談はお気軽に

仙台 022-739-8931

秋田 018-831-4315

  • 無料相談
  • お問合せ
  • 無料セミナーのご案内
  • ニュースレター申込み
  • 設計事例集プレゼント
  • 建築家プラン提案パック

Media

Products

Japanese Style

Copyright © 加藤一成建築設計事務所 All Rights Reserved.