Voice

TOP > お客様の声

お客様の声

お客様から頂きました、大変うれしいメール・お手紙を、ご承諾を得て掲載させて頂きます。
(本来であれば、お名前・お写真と一緒に掲載させていただきたいところですが、住宅という極めて個人的かつプライバシーが要求される対象が多数ですので、イニシャルにて掲載させていただいております。)

2006年

私は迷いなく加藤一成建築設計事務所を選択しました。この判断に一点の間違いもありませんでした。

2月に引き渡しを受けてから、この建物のコンセプトとデザインにあわせて空間を整えていきました。 ブラインドやロールカーテンを設置したり、備品や収納具を揃えたり、オリジナルデザインの家具を作ってもらったり・・・。

今は本当に快適に暮らしています。

家を設計するにあたって、私のデザイン・イメージやこだわりを良く聞き入れて生かしていただき、夢だったコンクリート打放しの住宅を実現することができました。本当にありがとうございました。

家を建てるためにたくさんの選択肢があったはずですが、私は迷いなく加藤一成建築設計事務所を選択しました。この判断に一点の間違いもありませんでした。

これに関しては、自分で自分のセンスを褒めています(笑)。 建築中から現場の写真を撮りためました。この写真を見るたびに、家が建ち上がっていく緊張と感動をリアルに思い出すことができます。

そこには、自分自身のイメージ・こだわり・家を建てる覚悟・それまでの様々な苦労・加藤さんに相談した日々の記憶等が全部投入されています。

この記憶と心象は、自分の一生の宝物です。

この体験こそが「家」を建築家と共に創り上げる醍醐味ではないでしょうか。

そして最後には「現代目本の室内空間」に掲載されるという栄誉をいただきました。

それまでの努力が、作品として本に掲載される事で自己満足を越えて、記録に残された感動をいただきました。本当に感謝・感謝です。今後も、家のメンテナンスや家具のことでお世話になる事と思います。

また建築・空間・デザインのお話が時々できれば大変うれしいです。これからもよろしくお願い申し上げます。

秋田市 N.S 様|MInimal-Box

今までの住環境を思えば、快適すぎてコワいくらいです(笑)。

長い間本当にお世話になりました。

とうとう冬本番到来と言った感じになってきましたが快適に過ごしています。今までの住環境を思えば、快適すぎてコワいくらいです(笑)。

立地条件や限られた予算の中で、私の脳内イメージ(笑)を具現化していただいたことに、まずは心より感謝申し上げます。

子供の頃から工作やプラモデルを作るのが好きでした。凝り出すと他の事に支障が出るほうなので、大人になってからは触らないようにして来ました。

今回、加藤さんと共に家造りをして、その頃の楽しさや夢中になった事を思い出したような気がします。打ち合わせる度に大きく、あるいは少しづつ形が変わって行く。

着工してからは、1日毎に完成に向け変化して行く。

本当に1年間があっと言う間に過ぎたように思います。

分離発注は、私にとってもやるべき事が多く、特に銀行関係の事などは、途中で投げ出したくなるほど面倒ではありましたが、結果的にこの方法を選択して良かったと確信しています。

何より設計者の加藤さんが現場を統括するシステムは理に適っています。(加藤さんは本当に大変そうですが) その結果、シンプルで装りの無い理想的な「箱」が出来ました。

あとは生活に応じて住み手の私たちがどう使っていくか、変えていくか、ですね。その後の、私が気が付かなかったような細かな手直しについても、率先してすぐに対応いただき、安心しております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

秋田市 K.S 様|Ks-HOUSE

圧縮された濃密な時間でいいものが出来たことは確かです。

加藤さんとは2度目です。初回は95年に自宅。次は06年にseaside house。

デザイン面で出した要望は「あまりモダンにしないこと、けどかっこ悪いのはダメ」でした。

都市的な先鋭が過ぎると気持ちが休まらないことがありますし、日常的に住宅と対峙したくはありませんでしたので。 結果としてミニマルなそぎ落としたフォルムでありながら人を突き放なすところがない良いデザインだと思います。

2度の経験で理解したのですが、施主と設計の打ち合わせは戦いの場でもあります。

お互い相手の手の内が分かっているだけになかなか勝負がつかない。今回はこちらがルールを破り短納期を仕掛けましたので、 加藤さんもきつかったと思います。

会うたびにお互いの頬がこけていき、軍配がどちらに上がったかは分かりませんが、圧縮された濃密な時間でいいものが出来たことは確かです。ありがとうございました。

3度目があるかは分かりませんが、もしこの次作るとしたら、影を含みながらも外に向かって光を放つような、もっと開かれた住宅を作りたい。けど、これって秋田を出なくてはダメですかね?

秋田市 K.I 様|SesSide-HOUSE

Works Menu

  • 住宅
  • リフォーム
  • 店舗
  • 医療施設
  • オフィス
  • その他建築

県別INDEX

  • 青森
  • 岩手
  • 秋田
  • 宮城
  • 山形
  • 福島

Profile

Issei Katoh

  • デザインコンセプト・理念
  • 加藤一成プロフィール
  • 受賞歴
  • 会社概要
  • よくあるご質問Q&A
  • Photo Gallery
  • Design in Office
  • Links

採用情報

Housing Performance

  • Design
  • Performance
  • Cost

Voice

お問合せやご相談はお気軽に

仙台 022-739-8931

秋田 018-831-4315

  • 無料相談
  • お問合せ
  • 無料セミナーのご案内
  • ニュースレター申込み
  • 設計事例集プレゼント
  • 建築家プラン提案パック

Media

Products

Japanese Style

Copyright © 加藤一成建築設計事務所 All Rights Reserved.