CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

NEWS LETTER

建築家の日常・非日常

秋田の建築家・加藤一成が、設計監理活動の中で考えていること・現場で気付いたこと・実践していること・知っていただきたいこと、などをレポートし、ニュースレターとしてお届けします。

お申込はこちらからどうぞ。

ブログ内検索

UNOFFICIAL BLOG

非公式BLOG 2004年からの以前のBLOGです

November 25, 2013

こんな状況

建築の計画を始める前は、必ず敷地を確認に行きます。

計画の段階では、内容全てについてお客様の秘密事項
ですので、口外してはいけません。

ですので、現地で近所のおばさんやおじさんに、

何が建つの?どんな人が住むの?jと質問されても、決して
設計者から答えてはいけません。それが守秘義務です。

ですので、話しかけられる事自体、あまり嬉しくないので、
悪い事をしてる訳ではありませんが、そそくさと写真を撮り
さっさと引き上げる事が多いです。

で、先日はさらに困った状況に。

ちょうど小学校の下校時間。

敷地視察中、低学年の女の子が一人で歩いてきます。

直感的に、あ、まずいかも・・・

近くまで来て立ち止まり、至近距離からガン見しています。

頼むから話しかけないで・・・

次の瞬間、「何で写真撮ってるの?」

「あぁぁ、ここにお家建てようかなって人いてね(汗)」

明らかに、黒ずくめの変なおじさんが一人歩きの低学年の女の子に話しかけてる、の図です。

ひとつ間違えたら大変な事になります。

もう即、退散です。

 

そんなふうに話しかけてもらえるって嬉しい事なのに・・・
あぁ、嫌な世の中ですね・・・

Posted on November 25, 2013 | Permalink | |