CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

NEWS LETTER

建築家の日常・非日常

秋田の建築家・加藤一成が、設計監理活動の中で考えていること・現場で気付いたこと・実践していること・知っていただきたいこと、などをレポートし、ニュースレターとしてお届けします。

お申込はこちらからどうぞ。

ブログ内検索

UNOFFICIAL BLOG

非公式BLOG 2004年からの以前のBLOGです

May 14, 2013

仙台日誌-127 銘木

meiboku.jpg

仙台市内の銘木屋さんに行く機会がありました。

最近は床の間の無い住宅も多く、このような銘木が必要とされる住宅も減少している
ものと思いますが、中にはやはり大いにこだわりのあるお客様もおります。

自然の木ですので無垢の柱であれば同じものは2つと無く、現物を一期一会で選ぶのも
また楽しみの1つかと思います。

正面に見える尺角くらいの超ド級、屋久杉の床柱。

プライスは300数十万円だったと思います。

さすがに今回、こちらは選択されませんでした。

しかし、こんな床柱が釣り合う和室とは、どのような和室なのでしょうね・・・

Posted on May 14, 2013 | Permalink | |