CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

NEWS LETTER

建築家の日常・非日常

秋田の建築家・加藤一成が、設計監理活動の中で考えていること・現場で気付いたこと・実践していること・知っていただきたいこと、などをレポートし、ニュースレターとしてお届けします。

お申込はこちらからどうぞ。

ブログ内検索

UNOFFICIAL BLOG

非公式BLOG 2004年からの以前のBLOGです

May 09, 2013

仙台日誌-126

三項道路その後。

tenku.jpg

二項道路ではなく、セットバックの必要は無かったものの、それに匹敵するような
厳しい状況が待ち構えていました。

道路斜線。

敷地は北側の三項道路に沿って東西に細長く、北側道路境界から民法ギリギリの配置。
南側に移動したくてもほとんど移動することができません。

そこに2.7m道路からの斜線・・・

600程度後退しても、モロにあたりまくりです。
三項道路の場合の斜線の緩和も探しましたが、そんなものはありません。
広い道路からの距離による緩和範囲にも全く入りきれません。

実施設計も見積も終わり、着工日もほぼ決まっています。

困った・・・

解決できる可能性は・・・  一つしかありません。

と言うか、一つだけあります。

天空率

 

その後については、また次の機会に。

Posted on May 09, 2013 | Permalink | |