CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

NEWS LETTER

建築家の日常・非日常

秋田の建築家・加藤一成が、設計監理活動の中で考えていること・現場で気付いたこと・実践していること・知っていただきたいこと、などをレポートし、ニュースレターとしてお届けします。

お申込はこちらからどうぞ。

ブログ内検索

UNOFFICIAL BLOG

非公式BLOG 2004年からの以前のBLOGです

2011年3月アーカイブ

March 31, 2011

バックアップ

hdd2.jpg

PCデータのバックアップについては、ブログでも何度か書いているのですが
このような震災で、あらためて重要性を感じています。

被害額や損害額は、主に物的な額だとおもいますが、PCそのものの金額では
なくデータも含めた損失を考えると、金額のつけようがありません。

数十年かかって作り上げたデータが、一瞬で無くなるとしたら・・・

大災害の場合もあるでしょうし、破損や火災、盗難なども考えられます。

聞いたところによれば、仙台市内のデータ復旧を扱う会社には、ドロドロに
なったPCがいくつも持ち込まれているようです。

また、いくら何重にバックアップをしても、それらが同じ場所にあったら
やはり同じこと。

あの日以来、データはこまめにバックアップし、できるだけHDDを持ち歩くようにしてます。

信頼性のある、オンライン・ストレージを考える時期かもしれませんね。

Posted on March 31, 2011 | Permalink | |

March 30, 2011

体が・・・

やたら食べたり飲んだりしてます。

ストレスでしょうか?

仙台で地震に遭い食べ物や飲み物の心配をしたり、
この先食料は大丈夫なんだろうか?なんて潜在的に
考えてしまうからかもしれません。

体が無意識に自己防衛モードに入っているのでしょうか?
食いだめしとこう って。
でも、お酒は関係ないでしょうに・・・

全身を動かしたいんですけど、県立プールの再開も
当分先でしょうね。

温水プールは巨大な風呂を沸かしているようなものですから。
どんだけ燃料使うの、という感じですよね。

さらに裸になる場所ですから暖房も。

地味に、筋トレを続けるしかないですね。

Posted on March 30, 2011 | Permalink | |

March 28, 2011

研修旅行-エピローグ2

いよいよ「オーストリア・スイスパッシブハウス・木造建築研修旅行」
シリーズも最終回を迎えました。

長きに渡り、ご愛顧いただいた皆様、ありがとうございました。

私も一抹の淋しさを禁じ得ません。

さて、

ミュンヘン国際空港を離陸した飛行機は、ほぼ予定通り
2010年3月28日、11時30分頃、成田空港に到着しました。

外国の航空会社で12時間のフライトですので、予定通り着かないかも、
と思っていたのですが、そこはドイツのルフトハンザ、きっちり
予定時間に到着しました。

成田でツアーは解散し、各々帰路につきました。

余裕を見て、夕方の新幹線を取っていたので、かなり時間があります。

大荷物を宅配便に預けて、とりあえず京成線で上野に向います。

東京の下町を通るのですが、それまで見てきた町並みとのあまりの
違いに愕然とする思いでした。

超過密な住宅や乱雑無秩序な電線など・・・

あー、ここはやっぱりアジアなんだなぁ、と思わずにいられませんでした。

そして上野到着。

何のあてもなく、「上野と言えば花見でしょ」ということで公園へ。

ueno.JPG

ちょうど1年前の今日、上野公園の桜は満開でした。

しかし、この日はメチャ寒!震えるくらいの寒さでスイスより寒かったです。

よくこんな所で酒飲んでるなー、と思いながら1人淋しい花見でした。

今、東京は桜が咲いているのでしょうか?そんなニュース、全く見ません。

一日も早く、活気ある日本に戻ってほしいですね。と言うか、戻しましょう!

あ~、ネタ無くなった・・・ 違う写真使ってもう1回やろうかな・・・

Posted on March 28, 2011 | Permalink | |

March 27, 2011

仙台日誌-18-2 復興財源

仙台のガソリン事情は、震災直後の秋田市の状況と
何も変わらない状況でした。

数日前から東北自動車道も全面開通しましたので、
劇的な改善を望みたいと思います。

で、今回の仙台行はとにかく省エネ運転を心がけ、
秋田で満タンにし520キロあまり走行し、同じGSで
給油して36リッターでした。

約14.5km/L。いいじゃないですか。

急発進・急加速しない、できれば2000回転以下、
法定速度厳守だとこんなに走るんですね。
今後も省エネを心がけます。

ところで、大ニュースの陰でひっそりと決まった

「4月からの高速料金の見直し」

毎週仙台に通う身としては、かなり期待していた
部分もありました・・・平日上限2,000円。

が、財源を大震災の復興支援に充てるのであれば、
それはそれでいいでしょう。

仙台に行く度に、募金をしている。

そんな気持ちで行きましょう。

Posted on March 27, 2011 | Permalink | |

March 26, 2011

研修旅行-エピローグ1

昨日夕方、仙台の街の中を歩いてみました。

ほとんどシートで覆われた仙台駅。
バスを待つ大きな荷物を持った人たちの行列。
15時とか16時で営業を終えているお店。
閉まっているコンビニ、棚が空のスーパー。

一見、あまり変わりなさそうに見えますが、
街中でも影響は大きく、通常に戻るには
まだまだ時間がかかりそうです。

さて、オーストリア・スイス研修旅行の帰国当日。

epi11.jpg

帰国の日のチューリッヒの空。

ep12.jpg

チューリッヒ国際空港。

そういえば、日本の建築家・山本理顕さんがこの近くの複合施設の
国際コンペで最優秀賞を獲得したのは、記憶に新しいところです。

そのコンペ案。(AKICHIATLAS.comさんより拝借させていただきました)

epi13.jpg

この場所って、上の写真のところじゃないですか?ここの真向かいと言うか・・・
屋根の形状といい、サインといい・・・
確かに広大な空き地状の場所があったような気がします。

epi14.jpg

空港。爽やかな空でした。

epi15.jpg

チューリッヒからミュンヘンへ。写真はミュンヘン近郊の田園地帯。

行きはフランクフルト国際空港経由でしたが、帰りはミュンヘン国際空港経由です。

この半月ほど後にアイスランドの火山が噴火し、ヨーロッパの空の便は大混乱しました。

当時は、その影響を受けずに胸をなでおろしたのですが、

一年後、日本がこれほど大混乱するとは・・・

Posted on March 26, 2011 | Permalink | |

March 24, 2011

仙台日誌-18

震災以来、初めて仙台に戻りました。

今日から東北自動車道も全面開通。
路肩の陥没や、若干大きめの段差などもありますね。

秋田市は、ガソリン事情もボチボチ正常に戻りましたが
まだまだ仙台方面では入手困難な状況のようです。

とにかく省エネに心がけ、ユルユルと走ってきました。

もちろん、食料や生活物資は全部持参です。
当分、生活必需品は仙台で買わないようにしましょう。

それ以外のモノは、経済の活性化のためにも
仙台で買ったほうがいいですね。

さて、

ここからリスタートです。

起きてしまったことは起きてしまったこと。

今までどおり、前だけを見て進んで行きたいと思います。 

Posted on March 24, 2011 | Permalink | |

March 23, 2011

研修旅行-66

すでに出発から1年を経過してしまいました。

フィニッシュに向けて、怒涛のラストスパートです。

66-1.jpg

路面電車に乗って、チューリッヒ湖畔の公園に向います。

66-2.jpg

周辺の街並み。

路面電車の架線はありますが、乱雑な電線も無く壁面線もキッチリ揃ってます。

66-3.jpg

チューリッヒ湖畔。

湖の周囲には、多くの美しい建築が建ってます。

快晴もいいと思いますが、こんなどんよりとした曇り空もいいですよね。

66-4.jpg

ル・コルビュジェセンター。コルビュジェ最晩年の作品。

屋根の下にはモデュロールマン。グリッドは226センチのモデュロール寸法。

残念ながら営業している時期ではありませんでした。

エントランスをよく見ると・・・   ホームレスの方が寝てました。

66-5.jpg

超モダンな公衆トイレ。素材やら、私好みでカッコいい!

早速拝借。

便器もステンレス。物凄い水流!

これは何でも流れるわ。 

 

そしてツアーもついにオーラス。

ホテルへ帰るために駅へ。

この駅が、サンティアゴ・カラトバヴァの設計。

 

 

66-6.jpg

駅の上屋。ガラスとスチールの構成。

66-7.jpg

プラットホーム。改札が無いので、このホームと街が連続してます。 

右側の下に見えるガラスブロック状の床は、地下へのトップライト。

66-8.jpg

ガラスとスチールの上屋とは対照的な、コンクリートの地下街。

複雑な造形のコンクリート打ち放し。型枠屋泣かせですな・・・

66-9.jpg

先ほどの駅のホームからのトップライト。

多分、現場打ちのコンクリートだと思いますが・・・ 苦労しただけの効果は出ています。

以上、ツアーはFinishです。

この後ホテルに戻り、帰り支度をして帰路につきました。

エピローグとして、もう2回ほど・・・

Posted on March 23, 2011 | Permalink | |

March 22, 2011

そろそろ

なかなか仕事も手に付かず、節電や燃料節約にもなると思い、
土曜・日曜・月曜と三連休にしました。

そして、毎日、食い入るようにテレビを見続けました。

いろいろな思いや現実もありますが、自分的にはここらで
一区切りつけなければ、しょうがないですね。

そろそろ普通にいきましょう。

眼の前にある、やるべき事を淡々と、丁寧に。

Posted on March 22, 2011 | Permalink | |

March 18, 2011

大町のツイン町屋

oomati.jpg

ホームページを更新しました。

設計実績・住宅  『大町のツイン町屋』です。

都市に建つ二連の町屋

親世帯は終の棲家として、子世帯は子供の成長過程を見守る家としての性格が要求されました。
コンパクトなプランニングの中で、いかにそれぞれの距離感やプライバシーを確保した上で、快適な
居住空間を得るかが課題となりました。

アップロードさせていただきましたが、外部写真がありません。(汗)
前庭に緑が生い茂ってから・・・ と思ってるうちに冬になってしまいました。

季節がよくなるのを待って撮影したいと思います。

詳しくは、ホームページでご覧下さい。

Posted on March 18, 2011 | Permalink | |

March 17, 2011

ようやく

電話・FAX・ネットが開通しました。

「ひかり」の受信レベルが低下してて・・・  との事でした。
まずはよかったです。

が、なかなか仕事に集中できません。

今やるべき事を地道にやるしかないのですけれど・・・

Posted on March 17, 2011 | Permalink | |

March 16, 2011

徒歩・チャリ・バス

引き続き、秋田オフィスの電話・FAX・ネットが不通です。
どうなってるんでしょうね・・・
エントランスにNTTのBOXがあるのですが、鍵ブチ壊して開けたくなってきます。

いや、冷静に・・・

さて今の時期、貴重なガソリンはできるだけ温存しなければなりません。

会社 ⇔ 自宅、当然徒歩です。10分程なので、何でもありません。

午前中、建築デザイン専門学校へ。

いつもなら何の迷いもなく車ですが、チャリです。

茨島交差点のバラロード、グルグル回りながら下りていくので方向感覚がなくなります。
出口、2回も間違えました。(笑)案内表示もわかりにくい。

行きは曇っていたのですが、帰りは吹雪・・・  やめてくれ。

そして、午後から秋田市の委員会へ。

いつもなら何の迷いもなく車ですが、バスです。 

秋田駅 ⇔ 山王方面はとても便がいいので、往復ともすぐに乗れました。

バスはなかなかいいですよね、楽チンで。

で、委員会も少し早めに終わったのでジュンク堂へ。

何と、地震で本がメチャクチャに落ちたらしく、ごく一部しか営業してませんでした。

そうですよね。いろんな本屋さんでこんな事になっているんでしょう。

棚に戻すといっても人力で戻すしかないでしょうし・・・・ものすごい量ですよね。

やっぱりいろいろな所で、多大な影響があるようです。

化石燃料不足や食糧不足、近い未来の姿を、今見ているのかもしれません。

何かが大きく変わるきっかけになるかもしれませんね。

Posted on March 16, 2011 | Permalink | |

March 15, 2011

うわのそら

相変わらず、秋田オフィスの電話・FAX・ネットが不通です。
対応遅いなぁ・・と思いますが、そんな事でイラついてはいけませんね。

さて、仕事をしていても被災地のことが気になってうわのそらです。
ワンセグを見たり、ケータイに繋げてネットを見たり。

すぐに駆けつけても、自分が物資を消費したり人のお世話になるようであれば何もならないし。

で、仙台オフィスの近所の建築家にTEL。
オフィス近辺、どんな様子?と

「見に行ってあげますよ」と言うので、電話で話しながらオフィスに入ってもらう。

あっ、加藤さん、電気点いてますよ。あっ、エアコンも!

あっちゃ~、照明は3路なのでもしかしたら点いてるかもしれないと思ってましたが
エアコンまで・・・ 何日ついてたのでしょう、この節電が必要な時に。
場合によっては危ないですよね。

停電中の家から離れる場合はブレーカーを落とす、という基本を忘れていました。
これで火災になる場合も多いんですよね。大反省。

でも、入ってもらって助かりました。感謝です。

友人の建築家は自宅が被災し、事務所で過ごしているようですので私のオフィスの
使えるものは使ってもらうことにしました。

こんな事でも、お役に立てれば嬉しいですね。

Posted on March 15, 2011 | Permalink | |

March 14, 2011

不通です

朝から、秋田オフィスの電話&ネットがつながりません。

ご心配おかけしております。

フレッツひかりのIP電話なのですが、復旧せず、NTTにも
電話してるのですが、全くつながりません。

通常使う分には便利なものですが、このような災害の時は
やはりシンプルなものほど強いのですね。

いい教訓です。

ところで、今回仙台で地震に遭って、持っててよかったものをいくつか。

・ガソリン 前々日夜、仙台に到着する直前に満タンにしてました。
 暖を採れる、充電できる、長距離移動できる、と思うと心強かったです。

・懐中電灯 いつも車に入っていた中型のマグライト。節約しながら使いました。

・ジャージ類 朝ランニングの後、乾かしてありました。暖房が使えない夜、重ね着しました。

・ワンセグ ほとんどの情報をこれで得ました。これも1時間に5分程度。節約して見てました。

・ケータイの予備バッテリー 使いませんでしたが予備のある安心感がありました。

・風呂の残り湯 朝ランニングの後入浴し、上がった時点で落とすかどうか一瞬迷い
 そのままにしてました。いざとなったら飲む覚悟でした。(笑)

・ビール これも水不足になったら飲むつもりでした。不足じゃなくても飲みたかったですけど(汗)

など・・・

今も仙台方面は大変な状況ですし、普通にいるだけでも食料や飲料水やガソリンが不足して
とても不便で苦痛な時間を過ごしている事と思います。

移動さえ可能になれば、何かしらお役に立ちたいと思っているのですが・・・

oukyuu.jpg

Posted on March 14, 2011 | Permalink | |

March 13, 2011

仙台日誌-17-2 秋田に戻りました

昨日、仙台から秋田に戻りました。
ご心配いただきました皆様、ありがとうございました。
取り急ぎ、これにてご報告とさせていただきます。

今回の仙台行は変則的で、

8日(火)の夜仙台入り、9日(水)東京日帰りでセミナー聴講、10日(木)・11日(金)
仙台オフィスで仕事、12日(土)朝から弘前の現場に向う、という予定でした。

11日(金)、午後2時から施工業者さんとの打合せを仙台オフィスでしていました。

しばらくして、ガタガタと揺れだし、徐々に揺れは大きくなっていきます。
ガガガガガガ・・・・ という感じで。

立上がることもできず、しばらく揺れに身を任せるしかありませんでした。

揺れてる途中で停電。
幸い、仙台オフィスは物が少なく、倒れるような本棚やTVやモニターもなく、
洗面台から物が落ちたくらいでした。

これは被害が出るぞ・・・  施工業者さんが呟きました。

取り急ぎ、カーナビのワンセグのTVを見ます。
大津波警報、仙台10m・・・

10mの津波って・・・  ここ大丈夫なの?
業者さんに聞いたら、ここは大丈夫だと思うとのこと。
しかし、その方の自宅は名取市だそうで・・・
甚大な被害の出た名取市、大丈夫だったでしょうか?心配です。

取り急ぎ、近所の様子を見に行ってみました。

0311.jpg 

通りに出ると、停電で信号は消え大渋滞、歩道にはたくさんの人がいます。

コンビニにもたくさんの人が並び、水や食料を買い求めています。
思えば、この時点で並んででも少しでも水や食料を確保しておくべきでした。

避難所にも行ってみましたが、すでに人で溢れていて、子供や高齢者が優先だと
思い、オフィスで過ごすことにしました。

当日の夜は、こんな感じでした。

翌朝。

余震が続き、不安な一夜の割にはたっぷり寝てしまいました(汗)

とりあえず、近所を一回りしてみます。

信号は相変わらず点いていません。
コンビニには閉店の貼紙、スーパーは開店前から行列。

手持の水や食料も不安になってきます。

ただ、車にガソリンは満タン近く入っていました。これは心強かったです。

このまま仙台に留まるべきか、秋田に向うべきか。

迷います。

仙台のインフラの復旧はいつなのか、外に向う道路がどのような状況になっているのか、
全く予測がつかないからです。

少なくとも高速道路は閉鎖されていると思いますし、信号機が点かず
大混乱していれば、何十時間もかかるかもしれません。

迷いに迷って、秋田に向うことにしました。
秋田も震度5弱、家族も心配ですし。

残ってる食料と水、車中泊も覚悟し毛布も積み込みます。

ここでまた迷います。

どこを通って帰るべきか?

北上回り?盛岡回り?鳴子回り?それとも山形回り?

太平洋岸から遠いという意味では、山形回りとも思いましたが
信号機が点いていないとなれば、本流である大きな道の方がいいと判断し、
4号線に向うことにしました。

青葉区通町から泉区の4号線まで、2~3時間を覚悟しましたが意外にも順調です。

30分ほどで4号線へ。高速は当然閉鎖。まずは古川を目指します。

この区間も順調。ほぼ1時間で古川へ。
ただし、ガソリンスタンドには超長蛇の列、コンビにはほとんど閉店の貼紙。

ガソリン入ってて本当によかった。

古川から、最短ルートの鳴子に向います。

仙秋ラインの道路やトンネル、大丈夫かな・・・
ダメだったら新庄回ろう。

しかし、ここも順調。(トンネルの中は怖くて100キロ位で走りましたが・・・)
大型車も走っておらず、いいペースで雄勝の道の駅まで。

ここでようやくチョコレートやペットボトルを補給することができました。

13号線を走り、途中ラジオで秋田道が一部開通したとの情報を得て、
大曲から高速で秋田に戻りました。

難民のような大移動を覚悟していた割には、意外にもあっけなく戻れました。
家族で無事を喜び合ったのは言うまでもありません。

しかし、時間が経つにしたがって、さらに大きな被害も明らかになってきます。

仕事やプライベートで関係する方々も仙台にたくさんおります。

心配です。

状況をみて、可能な限り早く仙台に戻ってみようと思います。

Posted on March 13, 2011 | Permalink | |

March 10, 2011

News Letter Vol.48

vol48.jpg

今日、配信いたしました。

今回の特集は、『大雄の家』 です。

周辺は雄大な風景が広がる田園地帯で、住宅からは遥か遠方の山々まで見渡せます。
このように良好な環境を暮らしの中に取り入れるべく、住宅を風景に対して45°の位置に振
れさせ、最大限の眺望を取り入れることにしました。

その他のコーナーとして

□ スタッフの日常・非日常  「ソニーLOVE」
□ 今月のマテリアル      「耐震金物コボット」
□ お知らせ ASJ 山形イベント
□ セミナー聴講 新住協 断熱改修+耐震改修セミナー
□ 編集後記

です。


どうぞ、お気軽にお申込み下さい。

お申込は、こちらからどうぞ。

なお、バックナンバーも公開しておりますが、2ヵ月遅れで
現在はVol.46まで公開させていただいております。

最新の情報をご覧いただくためにも、どうぞお申込み下さい。

※配信を希望されてる方でも、何らかの事情で配信がエラーになってしまう
 場合がございます。
 ご希望されていて配信されない場合は、お手数ですがご一報いただければ
 と思います。

Posted on March 10, 2011 | Permalink | |

March 09, 2011

仙台日誌-17 はやぶさ

hayabusa.jpg

夕べ遅く仙台入りしまして、今日は早朝から東京新宿でセミナーを受講しました。

仙台駅で、初めてはやぶさを見ました。ものすごい空力ボディ、カッコいいですね。
残念ながら満席で、やまびこで行きましたが・・・(涙)

通過駅ではやぶさが疾走する姿を見てみたいです。

こうなれば、E6系こまちも待ち遠しいですね。
曲がりくねった在来区間を走るだけに、設計も難しいんだそうで。

ところで、地震はびっくりしましたね。
新幹線も一時止まったみたいで、帰れないかと思いました。

あまり大きな被害にならなければいいのですけど・・・ 海の方が心配です。

Posted on March 09, 2011 | Permalink | |

March 07, 2011

庄内へ

osin.jpg

この週末は、建築家展へ参加のため庄内地方へ。

お隣ですね。日沿道で、秋田中央~にかほ・酒田みなと~庄内空港を
走り、車の場合、高速無料化で一段とアクセスがよくなりました。

庄内の皆様、大変お世話になりました。
ご縁があれば、よろしくお願いいたします。

写真は、黄昏の庄内。

庄内の強烈な思い出、「おしんレース」(笑)

酒田トライアスロンです。
おしんのように耐え忍ぶ、という意味でしょうか?(笑)
いいネーミングです。

30代前半の頃、2~3回出場しました。
風が強くて、スイム中止の確率がとても高いレースでした。(泣)

もうやってないかな・・・ と思い検索してみると、

やってるんですね!しかも選手権になってるし。

当時は、土門拳記念館にゴールするコースでしたね。

で、ゴール後に食べたおにぎりがとても美味しかった。

庄内地方、美味しいものはたくさんあると思いますが、
一番美味しいのは「」かな。

秋田も米どころですが、庄内のゴハン、ホント美味しいです。

Posted on March 07, 2011 | Permalink | |

March 04, 2011

秋田エコ住宅 新築・リフォームフェア

fea.jpg

ご覧の通り、

秋田エコ住宅 新築・リフォームフェアが開催されます。

一応、私も参加なのですが・・・

すいません!

私は庄内の建築家展へ参加のため、パネルのみの展示になります。

ご覧の皆さん、是非お出でいただきまして、家倶楽部のメンバーと
お話してみて下さい。

きっといい家が建ちますよ。

庄内の皆様もよろしくお願いいたします。(汗)

Posted on March 04, 2011 | Permalink | |

March 02, 2011

Hf-House

HF.jpg

由利本荘市、Hf-Houseです。

昨日、お引渡しを致しました。

昨年の10月に着工し、工期を長めに取り、あえて職人さんたちの
手の空く時期を挟むことにより、コスト的なメリットも引き出せたと思います。

キッチン・クローゼットとでも呼べそうな、大容量の収納も特徴です。

後日、HPにもアップロードしたいと思います。

仕事は常に丁寧に進めているつもりですが、その周辺のことがバタバタです。(汗)

今日は建築士会中央支部の理事会で、会議のみ出席しましたが予定していた
懇親会はキャンセルしてしまいました・・・  何せバタバタで・・・

もう理事失格です。

Posted on March 02, 2011 | Permalink | |