CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

NEWS LETTER

建築家の日常・非日常

秋田の建築家・加藤一成が、設計監理活動の中で考えていること・現場で気付いたこと・実践していること・知っていただきたいこと、などをレポートし、ニュースレターとしてお届けします。

お申込はこちらからどうぞ。

ブログ内検索

UNOFFICIAL BLOG

非公式BLOG 2004年からの以前のBLOGです

April 09, 2010

研修旅行-7

KLH.JPG

2日目の最後は、ムーラウ近郊の「KLH社」へ。

ここはマッシブホルツと、その建設・システム開発をしている会社です。

「マッシブホルツ」は、いくつかの意味で使われるらしい。

「Harrer社」では本当の無垢材という意味で使っていましたが、ここでは
クロスラミナによる集成材のことです。

わかり易く言いますと「巨大で分厚い集成材の板」ということができます。

この「巨大で分厚い集成材の板」を使い、スチレンボードで建築模型を
作るように本物の建築を造っていきます。

プレキャストコンクリートの木造版みたいなものです。

確かに、日本の木造のように細い軸組を立てて、さらに細かい部材で
壁下地を作って・・・ に比べるとはるかに合理的。

したがって、それを運ぶトラックもデカイ。

ヨーロッパ各地でKLH社のパネルを使った木造建築が造られているそうですが、
日本には無いそうです。

構造上、防火上、日本の建築基準法では判断ができないからです。(ですよね?)

※4月12日 追記

日経アーキテクチュア4月12日号では、「木造復権」という特集を組んでいます。

研修旅行に行った身にとって、大変タイムリーな特集です。

特に、海外事情として「マッシブホルツに学べ」という記事では、
KLH社の施工事例が取り上げられています。

建築関係の方は、是非ご覧になって下さい。

※研修旅行Unofficialはこちら。

Posted on April 09, 2010 | Permalink | |