CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

NEWS LETTER

建築家の日常・非日常

秋田の建築家・加藤一成が、設計監理活動の中で考えていること・現場で気付いたこと・実践していること・知っていただきたいこと、などをレポートし、ニュースレターとしてお届けします。

お申込はこちらからどうぞ。

ブログ内検索

UNOFFICIAL BLOG

非公式BLOG 2004年からの以前のBLOGです

April 07, 2010

研修旅行-6

genba.jpg

その後、「ZARNHOFER社」の手掛ける住宅のリモデリング工事の現場へ。

古い住宅に覆いかぶさるように、しかもブリッジ状に跳ね出した先端はV字形の
コンクリートの柱に支持されるという大胆な造形。

木造ですが、パネル工法による開放的な内部。もちろんパッシブ仕様。
INTELLO社の透湿気密シートや、気密テープの施工状態を見ることができました。

しかし、日本の現場と比べると、かなりザックリとした造りに感じられました。

それと、ほとんど新築のような現場なのですが、外部足場がありません。
聞いてみたら、「いらない」のだそうです。

旅行中いくつかの現場を見かけましたが、外部足場の無い現場、たくさんありました。

そんなもんなんですね。
掛けなくていいなら、これもエコの一つですよね。

※研修旅行Unofficialはこちら。

Posted on April 07, 2010 | Permalink | |