CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

NEWS LETTER

建築家の日常・非日常

秋田の建築家・加藤一成が、設計監理活動の中で考えていること・現場で気付いたこと・実践していること・知っていただきたいこと、などをレポートし、ニュースレターとしてお届けします。

お申込はこちらからどうぞ。

ブログ内検索

UNOFFICIAL BLOG

非公式BLOG 2004年からの以前のBLOGです

November 30, 2009

電 球

denkyu.jpg

今日は電球についてです。

今後、住宅用の照明器具も徐々にLED化していくのは確実でしょう。

しかし、今の段階ではまだLED専用器具のイニシャルコストの割高感は
否めませんし、明かりの特性を理解して使用するという段階には至って
いません。(少なくとも私は、です。)

そこで、白熱電球が切れた際に、省エネタイプの電球に交換していく、
というのが良いのではないでしょうか?

わざわざ機器そのものを取り替えるよりは、ずっと手軽ですよね。

で、写真は普通の電球の代替品です。

左から、電球型LEDランプ・電球型蛍光ランプ・電球型ハロゲンランプです。

それぞれの特性は他を参照いただくとして、いずれのランプも白熱電球に比べ
省エネ・長寿命です。

ここもネックは、1個100円位で買える白熱電球に比べ、圧倒的に高価という
ことですが、切れた順に1個ずつであれば懐も痛まないのではないでしょうか。

 我が家は12Vのダイクロハロゲンが主照明です。
省エネ代替品があるのか、調べてみようと思います。

Posted on November 30, 2009 | Permalink | |